The Weight

take a load for free.

TwiProwlをAWS EC2で動かす(無料)

AWSのEC2 Linux マイクロインスタンスは無料範囲をキープしていれば1年間無料で使え、TwiProwlいっこ動かすくらいなら余裕でキープできそうなのでやってみます。

※ TwiProwlは拙作のTwitter通知ツールですが説明は割愛します。

まず、インスタンスの作成ですが、管理コンソールから”Launch Instance”を選んで、”Quick Launch Wizard”、”Ubuntu Server 11.10 (64bit)“を選び次へ進みます。
ほかのLinuxインスタンスでも出来なくないでしょうが今回はこれで行きます。ちなみに12.04 LTSだとKernelがおかしいらしくProcess#daemonがまともに動かなかったのでやめたほうがいいです。(linux-image-3.2.0-24-virtual)

詳細設定はデフォルトのまま。

起動しました。

sshでのログイン方法も管理コンソールのInstance ActionからConnectを選べば説明がでてくるのでその通りにやればよろしいのですが、rootではログインできないのでubuntuユーザでログインすることになります。

インスタンスを起動してsshでログインできたら実行環境をセットアップします。

$ sudo -s
# apt-get update && apt-get upgrade
# apt-get install ruby1.9.1 git
# gem install oauth ruby-hmac
# exit
$ git clone http://github.com/takuo/TwiProwl.git

設定ファイルを適当に書きます。(~/.twiprowl.conf として保存)

/home/ubuntu/.twiprowl.conf
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
LogDir: /home/ubuntu/var/log
Debug: false
Daemon: true

Prowl:
  APIKey: ProwlのAPIキーを書く

NMA:
  APIKey: NMAを使う場合、NMAのAPIキーを書く

Accounts:
 -
  Application: "Twitter"
  User: screen_name
  Enable: true
  NotifyMethods:
   - "prowl"               # Prowl for iPhone
   - "nma"                 # Notify My Android for Android
  RateLimitThreshold: 20
  Mentions:                # Event on Mentions
   Priority: 1
   IgnoreSelf: false       # Ignore mention by myself
  Direct:                  # Event on Direct Messages
   Priority: 1
   IgnoreSelf: false       # Ignore DM event from myself
  Retweets:                # Event on Retweets
   Priority: 0
  Membership:              # Event on List Membership
   Priority: 0
   IgnoreSelf: false       # Ignore event by myself
   IgnoreNegative: false   # Ignore remove event
  Favorite:                # Event on Favorite/Unfavorite
   Priority: 0
   IgnoreSelf: false       # Ignore event by myself
   IgnoreNegative: false   # Ignore Unfavorite event
  Unfollowed:              # Event on Unfollowed, requiresi API rate
   Priority: 0
   Interval: 60

適当です。これ以上のことは自分で調べて好きなようにしたらいいと思います。 動かす。

$ mkdir -p ~/var/log
$ cd ~/TwiProwl
$ ./twiprowl
oauthなんたらかんたら(認証)

おわり。
余計なもの(ruby1.8とか)を入れた場合の不都合は知りません。
無料範囲に収まらず課金が発生しても責任は負いません。
今の所1年間ということらしいので1年後は気を付けましょう。

Comments
Loading Facebook Comments ...