The Weight

take a load for free.

nasne の HDDを1TBに換装

先日の記事では詳細な換装方法を書きましたが、サンプルに古くて容量の小さいHDDを利用して実験したまででした。 今回、実際に新しい1TBのHDDを買ってきて実践しましたのでリポートです。

買ってきたのは東芝の2.5インチ1TB HDD(MQ01ABD100 9.5mm厚)で7,489円でした。 USB接続のHDDケースは玄人志向の2.5インチ USB3.0接続(GW2.5TL-U3)で980円と大変安いものです。ACアダプタがないものですが一時的にコピーするくらいにしか使わないので平気でしょう。

手順としては先日の記事どおりで、

1. nasne から HDDをはずし、PCに接続して dd を使いイメージを取り出す (数分)

# dd if=/dev/sdd of=nasne.img bs=512 count=2623488

2. xfs 領域をマウントし、PCの適当なところに rsync -vaxXH でコピーする (一瞬)

# mount -o ro /dev/sdd3 /mnt
# rsync -vaxXH /mnt/ /var/tmp/nasne-xfs
... (略)
# umount /mnt

3. アンマウントしてUSBを外し、新しいHDDに入れ替え、イメージを書き込む (数分)

# dd if=nasne.img of=/dev/sdd

4. パーティションを編集(sdd3を作り直し)し、退避したxfs領域を rsync でコピーする (一瞬)

# fdisk /dev/sdd
... (略)   
# mkfs.xfs -f /dev/sdd3
# mount /dev/sdd3 /mnt
# rsync -vaxXH /var/tmp/nasne-xfs/ /mnt/
... (略)
# umount /mnt

5. HDDをPCから外し、nasne に装着して起動確認して組み立てる (数分)

以上の工程すべてで15分ほどで終わりました。(起動も問題なく一発で行けました。前回はやはりHDDが古過ぎたのかもしれません、超遅いし。)
xfsを操作するのでどうしてもLinuxが必要になってしまいますが、HDDをまるごとコピーするやりかただと2時間から3時間ほどかかるようなので大幅な短縮と言えます。

蛇足ですが、nasne に外付けのUSB HDDを装着すると、録画データは先に外付けのHDDに保存されていくようです。
また、torneから参照するとnasneの空き容量は内蔵と外付けの合計値になっており、区別して保存先を指定するようなことはできないみたいです。

取り出したnasneのHDDが500GBで半端だし使い道がないなーと思いましたが、こないだ買ったPS3のHDDが160GBなのでこれと交換するのがいいかもしれません。今時160GBはゴミ同然と判断できるし切り捨てるにもよいでしょう…。

Comments
Loading Facebook Comments ...